FXの取引を行う業者を選択する際には、その業者が金融庁の登録を受けているか、しっかりチェックしておきましょう。

円高・円安がFXに大きく響く!

このエントリーをはてなブックマークに追加
円高・円安がFXに大きく響く!

そのFX業者は金融庁の許認可業者

街中で看板をあげている大手の証券会社ならば安心でしょうが、FXの取引を行う業者を選択する際には、その業者が金融庁の登録を受けているか、しっかりチェックしておきましょう。
FXが始まった最初の頃は、金融庁に登録していない業者が取引をしていることが多かったようです。
そんな業者の中には悪質な者もいたようで、外為取引に関するさまざまなトラブルを引き起こすケースが見られました。
そのため、2005年7月1日に金融先物取引法が改正されました。
FX事業を行うには、金融庁への登録が必要になったのです。
未登録の業者が事業を行った場合は違法行為として摘発されることになりました。
「金融庁への登録」、これは業者を選ぶ上での必須条件といえます。
金融庁のホームページにある「金融商品取引業者登録一覧」で登録の有無を確認することが出来ますので、気になる方はチェックしてみましょう。
「業務の種別欄」の「第一種」の欄に○印が付いていれば、その業者はFX業者として認可されているということになります。
金融商品取引業者登録一覧を見る際にはこの欄もしっかり目を通しておきましょう。
また、電話や訪問によるしつこい勧誘を行う業者もいますが、これはアウトですね。
「レバレッジについて知りたい」など、顧客が取引について説明を聞きたい場合などは別として、業者が勧誘を促す行為は法律で禁止されているからです。
悪徳業者が行う手口がこの「しつこい勧誘」なのです。
「業者から勧誘を受けたら疑う」くらいのスタンスで応対すべきです。
また、取引で得た利益をなかなか引き出させない業者もありますがこれも要注意です。
業者によって出金日が通貨によって異なったりする違いがあるものの、通常、顧客から出金依頼があった場合は翌営業日に振込処理が行われ、顧客の指定口座に入金されることになっています。
日本円であれば当日に振り込む業者もいます。
しかし、悪質な業者になってくると、いざ出金となると対応が遅れがちになるようで、いろいろな理由をつけて拒んできます。
そのような業者は取引を避けるようにしたいものです。
FX業者を選ぶ際の基準はまず「金融庁に許認可されている業者」を選ぶことです。
また、大手の証券会社などの場合は安心でしょうが、このような業者であっても、将来の資本がしっかりしていて、健全な経営を続けられる保障はありません。
業者の経営体質を見極めるために「自己資本比率」という基準を通して判断する必要が出てきます。
店頭FXとはやや異なりますが、「くりっく365」のように、参入する業者・証券会社に厳しい資格要件を設けている場合もあります。
金融先物取引法に加えて、東京金融取引所による厳しい審査を通らなければ業者は取引を行うことが出来ません。
このように「お墨付き」をもらった上ならば、投資家としても安心した取引ができますね。
店頭FXを問わず、慎重に選択した優良な業者・証券会社と気持ちの良い取引をしていきたいものです。

オススメサイト

Copyright (C)2017円高・円安がFXに大きく響く!.All rights reserved.