「FX」とは、英語の「Foreign eXchange」から来ています。一般的に「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されたことを受け、取扱が始められました

円高・円安がFXに大きく響く!

このエントリーをはてなブックマークに追加
円高・円安がFXに大きく響く!

FX、言葉の意味と日本での始まりと展開

以前ですと、証券会社の窓口などで株価の上がり下がりに一喜一憂している株主さんを良く見かけましたね。
テレビなどでもよく報道されることがあります。
近年はネット上でも取引ができますから、自宅のパソコンの前で株価の上がり下がりに冷や汗?を流している人も多いでしょう。
近年では株価だけでなく、FXの取引も増えましたから、外国為替の上り下がりにも敏感になっている人も増えているようです。
日本で使われている「FX」とは、英語の「Foreign eXchange」から来ています。
一般的に日本では「外国為替証拠金取引」と呼ばれています。
それ以外にも「通貨証拠金取引」、「外国為替保証金取引」という言い方もあります。
海外ではForex(Foreign exchange)と呼ばれることが多いようです。
1998年に外国為替及び外国貿易法が改正されました。
これを受け、ダイワフューチャーズ(現・ひまわり証券)、豊商事等の業者が取扱いを始めたのが、日本におけるFXの始まりといわれています。
その後、インターネットの普及などでFXの市場も拡大しました。
扱っている業者としては、商品先物会社、証券会社が中心となっていますが、専業で取り扱いをしている取り扱う業者もいます。
インターネット上でもFXに関する情報が公開されていますし、証券会社でも専門の窓口を設けて顧客の質問・要望に応じています。
しかし、FXは高いリスクを伴う商品です。
十分な知識や経験を身につけていないと思わぬ大損をすることもあるため、運用を始めるには気をつけたいところです。

オススメサイト

Copyright (C)2017円高・円安がFXに大きく響く!.All rights reserved.